ニキビケア

ニキビは若い頃は特に起こりやすい物ですし、誰でも一度くらいは悩んだことがあると思います。

 

ニキビは青春のシンボルと言われていますが、そうは言っても嫌な物は嫌ですよね。

 

特に女性の場合は顔にニキビができてしまうと目立って気になるでしょうし、人に会いたくなくなり、外にすら出ようと思えなくなるかもしれません。

 

しかし、普段からニキビケアをきちんとしていればそれほどニキビはできなくなると思います。

 

やはりニキビができやすい人はニキビケアを怠っている人が多いようです。

 

ニキビがあまりない人はとにかく洗顔をまめに行っている人が多いように感じます。

 

朝昼夜と、とにかくこまめに洗顔し、常に肌を清潔に保つ事でニキビを防ぐことができます。

 

そのような人は、たまにニキビができたとしてもごく小さいものができるくらいになるでしょう。

 

一方で若い男子などは肌に構う人が少ないのか、肌が脂っぽく、顔中にニキビができている人も多かったように思えます。

 

普段からきちんとケアさえしていれば、そこまでニキビが出てくることもなく、ある程度防ぐことができるのだと思いますが、恐らく男子は無頓着なのだと思います。

 

ところでニキビは理由があってできてしまうものなので、このニキビが発生するメカニズムを理解する必要があります。

 

ニキビを予防し、治療するためにはまずニキビができてしまう原因を探ることから始めましょう。


スキンケアをするだけでは不十分

ニキビは顔の表面だけのスキンケアをするだけでは不十分です。

 

何故ならニキビにはホルモンと深い関係があるので、体内のニキビを発生させる要因を解決しないといけないのです。

 

もし食生活が乱れているようでしたら、洗顔をこまめにしたり、ニキビ用の化粧品を使用したり、ニキビ用の薬を付けても治る事なく、いつまでもニキビに悩まされることになりそうです。

 

ニキビを治すためにはまず食生活を改めなくてはなりません。

 

女性は甘い物を好んで食べる方が多いのですが、その代わりに緑黄色野菜を多く食べるようにすると良いでしょう。

 

昔は外国の方にニキビができる事が多く、日本の方はあまりニキビができたとしても酷い症状になることはありませんでした。

 

しかし、近年食文化が欧米化していることを受けて、日本人でも酷いニキビの人が増えています。

 

ファストフードや油っこい食事がいまや主流となっている食生活ではニキビは改善されません。

 

きちんとニキビケアをしたいのであれば、和食を食べて体の内側から改善するのが一番でしょう。

 

またビタミンもニキビケアには効果があるので、ビタミンをたくさん含む物を食べるようにしましょう。

 

ニキビは体内の栄養バランスの乱れと皮脂が毛穴に埋まってしまうことで角化異常を起こしてできるので、皮脂の分泌を抑制するような食材を食べてニキビケアをしましょう。